業務企画部門からのメッセージ

何をしている部門ですか?

「業務企画」というとイメージがわきにくいかもしれませんが、業務フローの構築や帳票作成、システムの開発から保守までを幅広く担当しています。社内の調整ごとを取持ちハンドリングする「潤滑油」「女房役」のような役目をしたり、業務上のミス/トラブルの種に気づく「ストッパー」の役目をしたりしています。また「企画」という言葉は「企んで絵を画く」と書くように、自ら積極的に計画・行動して「売上が上がりコストが下がる仕組み」を実現していきます。

最近の部門の状況は?

業務企画グループは、主として業務フロー構築や業務上の調整ごとのハンドリングを担う「業務企画部」と、主として社内システムの管理・開発と、情報セキュリティ対策を担う「システム部」に分かれています。最近では、スピード感のある商品開発やセキュリティ増強のために当部門の重要性はいっそう高まっており、業務企画部・システム部ともに増員を計画中です。実際の仕事の流れとしては、営業グループや業務運営グループの要望を吸い上げ、関係部門含めて調整し、売上や業務効率アップにつながるようにシステムを改善・開発していきます。また、新規商品開発においては、業務フローや各部門への連携、システム対応などの分野で中心的な役割を担います。

メッセージ

業務企画部では現在、業務フロー構築や、パンフレット・申込書等制作のディレクションを取っていただけるメンバーと、ExcelやAccessを使ったデータ管理・データ加工を担っていただけるメンバーを募集しています。新商品開発の企画書や業務フローを作成する仕事もありますし、システム部と連携してシステム要件定義をしたり、既存システムを発想を変えて使うことで、新商品に必要なシステム開発工数の削減を提案することもあります。Excelの数式を使いこなせる方だと、経理関係の集計や保証料算定のための数値集計等の仕事もあり、いっそう活躍の場が広いと思います。様々なお仕事がありますので、最初からすべてできる必要はありません。当社の業務を勉強しながら、少しずつ役割を増やしていきます。

システム部(社内SE)の募集については、当社の将来を見据えてあるべき業務フローやシステムの姿を検討し、企画・開発の旗振りをするポジションであるとお考えください。システムや業務フロー構築を通して現場を理解する立場から、経営陣へ方針を進言いただくことも出てくると思います。ただ、日々の仕事の中には言語を書く業務も発生しますので、何らかのプログラミング知識は必須です。そのほか、「こんなシステム・仕組みがあるといいね」という話が出たら、次の日にテスト版を作ってしまうような、フットワークの軽さと臨機応変さがある方なら、なおありがたいです(業務用のチャットボットやGoogleフォームなど)。

現在社内で一番の課題となっているのが、基幹システムと勘定系システムとの連結です。他にも、新商品のための機能追加や改善要望がどんどん現場から寄せられます。どんな仕組みを作れば業務の効率化に繋がるのか、どんな仕組みなら次の商品の開発工数が下げられるのか、経営者の視点から考えていただきたいと思います。とにかく「飽き」をみじんも感じさせない変化のある職場ですので、毎日が刺激的です。ぜひ、ポジティブに、アクティブに、楽しく仕事に取り組んでいただきたいですね。

PAGETOP